土佐グルメを満喫して クレストホテル柏

2020年9月16日 07時12分
 帝国ホテルが経営する柏市末広町の「ザ・クレストホテル柏」一階のレストラン「びすとろ菜」で、高知フェアが開かれている=写真。旬の食材を盛り込んだ土佐のご当地グルメを楽しんでほしいという。
 びすとろ菜では、地産地消をモットーに、県内産の食材でこしらえた料理が自慢。地元千葉にひけをとらない「海の幸」「山の幸」に加え、「川の幸」も誇る高知県の魅力を味わってもらおうと、今回のフェアを企画した。
 食材は土佐湾で水揚げされたカツオやシラス、生産量全国トップ級のナス、ショウガ、ユズなどのほか、離島を除いて全国で人口が最も少ない大川村で育った「土佐はちきん地鶏」、透明度の高い水質で知られる仁淀川流域で養殖されたウナギを使う。
 カツオのたたき、生しらす丼、うな丼といった和食が中心だが、土佐はちきん地鶏で作った「マスタード焼きプレート」といった洋食もある。
 単品を除くメニュー価格は千八百三十〜五千八百九十円(消費税込み)。地酒も各種取りそろえてあり、左党にはうれしい。十月十五日まで(堀場達)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧