共産は立民・枝野氏に投票 首相指名選挙の投票行動

2020年9月16日 20時50分

衆院本会議の首相指名選挙で投票する立憲民主党の枝野代表

 16日に衆参両院で行われた首相指名選挙では、自民、公明両党が自民党の菅義偉総裁に投票した。立憲民主と国民民主、共産、社民、れいわ新選組の野党各党は、立民の枝野幸男代表で足並みをそろえた。共産党はこれまで、志位和夫委員長の名前を書いていたが、1998年に民主党(当時)のかん直人代表へ投じて以来、約22年ぶりに1回目の投票で他党の党首を推した。
 日本維新の会は、衆参とも片山虎之助共同代表に投じた。衆院では、NHKから国民を守る党の丸山穂高氏が自民党の小泉進次郎環境相に投票した。参院では、会派「みんなの党」の2人と無所属の増子輝彦氏ら2人が菅氏、会派「沖縄の風」と「碧水へきすい会」の計4人と、無所属の上田清司氏ら3人が枝野氏を選んだ。(横山大輔)

関連キーワード

PR情報

主要ニュースの最新ニュース

記事一覧