菅新内閣 期待と注文 「感染症対策と経済の両立を」自民県連、公明県本部

2020年9月17日 07時58分
 菅義偉新内閣が発足することになり、新閣僚が決まったのを受け、自民党県連会長の小渕優子衆院議員は「国民のために働く実務を重視した内閣になった。新型コロナウイルス感染症対策と社会経済活動の両立という喫緊の課題を着実に進めていく布陣だ」とコメント。連立政権を組む公明党県本部代表の福重隆浩県議は「新布陣でコロナ感染症拡大防止と社会活動、経済活動の両立を実現し、安定した生活を取り戻せるようにしていただきたい。我々もしっかり支えて、国民の期待に応えたい」とした。(池田知之)

関連キーワード

PR情報

群馬の最新ニュース

記事一覧