オール葛飾逆転ベスト8 都知事杯女子学童

2020年9月17日 08時34分

オール葛飾は逆転勝ちでベスト8に進出した(都丸満撮影)

 東京都知事杯第9回東京都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は13日、世田谷区の駒沢オリンピック公園軟式野球場で2回戦3試合が行われ、女王・江戸川エンジェルズ、オール葛飾、オール練馬女子がベスト8入りを決めた。 (都丸満)

◆代打の5年生2人が決めた

 オール葛飾が杉並キャッツを退けベスト8入りした。
 初回、5連続四死球で2点を先行したものの、3回に6点を奪われた。4回にも、先頭から3連打を浴びたが1失点で抑え、3−7で迎えたその裏。森田芽依の安打などに敵失も絡み1点差に詰め寄ると、1死満塁で阿部真夢が左翼へ同点打、続く浅島菜月も中前打を放ち2得点と、2人の5年生代打の活躍で勝ち越した。さらに1点を加えた後、時間切れとなり決した。
 6年前に3位入賞を果たした時と比べ、「突出した選手はいないがバランスが良いです。3位以上を目標に」と弓場大介監督。西村夏海主将は「代打が打ってくれたから勝てた」と振り返り、「目標は優勝です」と力強く語った。

阿部、同点打

浅島、勝ち越し打

 ▽2回戦
オール葛飾10−7杉並キャッツ
オール練馬女子15−7オール中野ガールズ
江戸川エンジェルズ8−1八王子スマイリーズ
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

みんなのスポーツの最新ニュース

記事一覧