大島クラブ快勝 東京都中学新人戦が開幕

2020年9月17日 08時35分

チームを勝利に導いた大島クラブ・三瓶主将(鈴木秀樹撮影)

 中学軟式野球の2年生以下による新チームが東京一を懸け戦う、第20回東京都少年新人(中学)軟式野球大会コントリビュート・トーナメント(都軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)が13日、葛飾区の同区総合スポーツセンター野球場(奥戸野球場)などで開幕した。
 都内各支部と中体連代表の40チームが参加。この日は同野球場などで1、2回戦16試合が行われ、優勝候補の一角、江戸川区立上一色中(中体連)などが勝ち上がった。20日には墨田区の錦糸公園野球場で2回戦8試合が予定され、昨年優勝の駿台学園中(中体連)が登場する。 (鈴木秀樹)

◆“冷静” 大島クラブ・三瓶が完封

 古豪・大島クラブB(江東)が快勝で初戦を突破した。2回に四球の齋藤颯斗が捕逸でかえり無安打で先制すると、その後も小刻みに毎回加点。先発の三瓶(みかめ)謙信は三塁に走者を背負う場面もあったが、「三振をとりにいくか、サードゴロを打たせるか考えながら投げた」と冷静な投球で要所を締め、府中サンダースB(府中)を9−0で完封した。
 チームOBにDeNAの井納翔一。その先輩同様に「将来はプロを目指す」という三瓶主将をはじめ、「気持ちの強い選手が多い」(中島義雄監督)新チームが、一丸となり頂点を目指す。
 ▽1回戦
立川ベースボールクラブ(立川)7−0南八王子倶楽部(八王子)
杉並ホワイトシャークス(杉並)1−0ブラックキラーズA(足立)
清瀬球友会A(清瀬)6−2シャイニングスター(中央)
目黒ピータース(目黒)2−1武蔵ベースボールクラブ(瑞穂)
城北A(板橋)9−2イーグルトシマ(豊島)
大島クラブB(江東)9−0府中サンダースB(府中)
神谷ライオンズ(北)11−1清新ハンターズ(江戸川)
調布倶楽部(調布)4−3サンジュニア(台東)
 ▽2回戦
東村山パワーズA(東村山)4−3藤の台(町田)
鐘ケ淵イーグルス(墨田)8−0大森ホワイトスネークス(大田)
小金井野球クラブ(小金井)4−3荒川レジェンド(荒川)
桐朋中(中体連)10−2成城中(新宿)
東京サニーズ(港)6−5多摩倶楽部(多摩)
ケープシニア(東久留米)8−3SHYクラブ(渋谷)
江戸川区立上一色中(中体連)4−3小平クラブ(小平)
石泉クラブ(練馬)4−0日野ウイングス(日野)
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

みんなのスポーツの最新ニュース

記事一覧