河野氏、未明の会見「やめたら」 前例主義の最たるものと批判

2020年9月17日 18時13分 (共同通信)
 防衛相から横滑りし、行政改革や規制改革の担当相に就任した河野太郎氏(57)は17日に官邸であった記者会見で、河野氏ら新閣僚の会見が未明に及んだことを批判した。「大臣が各省でやれば今頃はもう終わって、みんな寝ている。前例主義、既得権、権威主義の最たるものだ。こんなものはさっさとやめたらいい」と述べた。
 16日は菅義偉内閣の初閣議の後、各閣僚が官邸に待機し、午後11時ごろから順番に会見。河野氏の会見は17日午前1時ごろに始まった。自身の順番を待つ間、ツイッターに「とうとう50分遅れ」と書き込んだ。

関連キーワード

PR情報

政治の最新ニュース

記事一覧