スウェーデンのビアフェス Brewskival 2020 in Tokyo

2020年9月18日 07時28分

当日提供予定のビール。日本からは、東京、神奈川、大阪のブルワリーが参加する=コレド室町テラスで

 クラフトビールを集めた、ヨーロッパ最大級のビアフェスティバル「Brewskival(ブリュースキーバル)」が、例年の開催地・スウェーデンを初めて離れ、19、20日に東京で開催される。会場は日本橋のコレド室町テラス(中央区)にある「CRAFTROCK BREWPUB&LIVE」など3カ所。すべて巡れば、8社50種類のビールを飲み比べできる。
 同イベントは、フルーツ系のビールを得意とするスウェーデンの有名ブルワリー(ビール醸造所)、Brewski(ブリュースキー)が主催。2016年から始め、昨年は世界中から108のブルワリーを招待し、7000人を動員。生産者自身がビールを注ぎ、交流できることから、ビールだけでなく、作り手の思いも味わえるビアフェスとして親しまれている。
 クラフトビールの輸入代理店・DIG THE LINE(京都市)が昨年からBrewskiのビールを日本で販売開始した縁もあり、5年目となる今年のフェスでは初めて日本のブルワリー3社を招待することになっていた。それがコロナ禍で中止に。出店できなかった3社の思いをくんでDIG THE LINEがBrewskiと共催で、東京開催を決定。大幅に規模を縮小してはいるが、今年は世界で唯一の開催地となる。Brewskiなどスウェーデンのブルワリー5社も参加する。
 19日にはオンラインイベントも開催予定。スウェーデンから主催者や生産者らが参加し、ビールを熱く語ってくれる。会場に行けない人も、おうちでビアフェス気分が味わえそうだ。 (村手久枝)
◇会場はほかに「CRAFTBEER MARKET」の三越前店(中央区)と神田店(千代田区)。19、20の両日とも11〜22時。オンラインイベントはインスタライブで19日16時と同20時からの予定。

関連キーワード

PR情報

おでかけ情報の最新ニュース

記事一覧