千葉県で新たに40人感染 市原の工場でクラスター

2020年9月18日 19時13分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県柏市は18日、新型コロナウイルスに感染し県内の医療機関に入院していた1人(居住地、年代、性別いずれも非公表)が17日に死亡したと発表した。県内の死者は計68人となった。
 県内では18日、新たに10代~70代の男女40人が感染したと発表された。4日連続の感染者30人以上は8月30日以来。
 県は市原市内の工場(名称非公表)内の建設現場で新たにクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。ともに30代で富里、八街両市の作業員男性2人が感染。既に判明済みの作業員を含めて感染者は計5人。現場は300人ほどが作業していた。最初の感染者と同じ休憩室を利用した濃厚接触者約50人の検査を進めている。
 クラスター発生が発表されている千葉市中央区のキャバクラ「クラブ ディーダ」で、新たに鎌ケ谷市の20代の男性利用客が感染。客の感染は初めてで、感染者は計12人となった。八街市の居酒屋「うまかもん のみ処 ふき」の利用客で市内の40代男性1人が感染。感染者は計6人となった。柏市の県立柏中央高校で感染した生徒の家族3人が家庭内感染した。

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧