中曽根から菅まで…政治をチクリと34年 本紙政治マンガ・佐藤正明さんが日本漫画家協会賞大賞

2020年9月19日 05時55分

佐藤さんの作品「早く投稿したいものだ」©佐藤正明

 日本漫画家協会(里中満智子理事長)は18日、第49回日本漫画家協会賞の大賞(カーツーン部門)に、本紙朝刊で連載中の佐藤正明さん(71)の「風刺漫画/政治漫画」を選んだと発表した。若々しい批評精神や新しい情報の吸収力などが評価された。

佐藤正明さん

 同賞(コミック部門)は、みなもと太郎さんの「風雲児たち」(リイド社)。賞金は各50万円。
 また特別賞は、漫画同人誌即売会のコミックマーケットを主催する「コミックマーケット準備会」(賞金20万円)。文部科学大臣賞は、昨年死去したモンキー・パンチさんの「ルパン三世」が、圧倒的な存在感のキャラクターで、アニメ界にも大きな影響を与えたとして受賞が決まった。贈賞式は今後、関係者のみで行う。

◆「縁のない賞だと…選考会の日忘れてた」

 日本漫画家協会賞の受賞が決まった佐藤正明さんは名古屋市内の事務所で取材に応じ、「私には縁のない賞だと思っていて、選考会の日取りすら忘れていたほど。受賞の実感がありません」と語り、マスクの下に笑みを浮かべた。(三品信)
 1949年、名古屋市生まれ。南山大卒業後、デザインプロダクション勤務などを経てフリーに。1コマ、4コマなどで競うコンテスト「中日マンガ大賞」の大賞や「読売国際漫画大賞」金賞などを受賞した。
 政治漫画は、故中曽根康弘氏が首相だった1986年から執筆。わずかな線で本人に似せる技術と、センスの良い笑いで、昭和から平成、令和に至る政治の世界を風刺し続けてきた。

◆安倍前首相、黒川検事長もネタに

 「良い作品が描ければ楽しいのですが、まだまだ納得のいかないことが多いのが現実。『3割バッター』になれるよう心がけていますが、それには達していません」と謙遜する。

佐藤さんの作品「お一人さま一個かぎりです」©佐藤正明

 最近では、コロナ禍に伴う特別定額給付金を薬になぞらえた作品「お一人さま一個かぎりです」や、自宅でくつろぐ安倍晋三前首相の膝に、愛犬ではなく東京高検検事長だった黒川弘務氏が乗った作品などが、読者の大きな反響を呼んだ。
 「あと何年描き続けられるか分かりませんが、賞を励みとしてさらに精進しなくては。選んでくださった協会の皆さまと読者の皆さまに、心からお礼を申し上げます」と話した。

関連キーワード

PR情報

文化の最新ニュース

記事一覧