はとバス巨大迷路 ぐるっと回って 22日まで限定ツアー

2020年9月19日 19時18分
 新型コロナ禍で稼働していない観光バスを使った巨大迷路が、東京都大田区の「はとバス」駐車場に完成した。22日までの限定ツアーに申し込んだ参加者が、高さ3.8メートルの黄色い車体の壁の間を行き交いゴールを目指した。(木口慎子)

稼働していない観光バス60台で作られた巨大迷路に挑戦する人たち=19日、東京都大田区で

 迷路は、10人の同社運転手が7時間かけて60台のバスを縦横に並べてつくった。通路の幅は約80センチ。バス同士を約20センチに近づけて停車した通り抜けできないポイントもある。バスが好きで参加した中村和弘さん(39)は「思ったより簡単でしたが、めったにできないことですから」と笑顔で話した。

稼働していない観光バス60台で作られた巨大迷路=19日、東京都大田区で

 ツアーでは、10月から政府の観光支援事業「GoToトラベル」の割引対象に東京発着の旅行が追加されるのを控え、感染防止対策もアピール。密閉空間と思われがちなバスの高い換気性能を目で確かめてもらおうと、車内にまかれた白いスモークが、5分程度で車外へ排出されて空気が入れ替わる様子の実演もあった。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧