振り返るあの一手と自作PCのこだわり 藤井聡太王位インタビュー

2020年9月21日 06時00分

扇子を手に笑顔を見せる藤井聡太王位

 将棋の第61期王位戦(東京新聞主催、伊藤園協賛)7番勝負で木村一基前王位(47)を破り、8月20日に史上最年少で二冠となった藤井聡太新王位(18)=棋聖=が同29日、本紙のインタビューに応じた。あの戦いのあの一手、注目された「勝負めし」、パソコン自作の趣味、そしてこれから…。激戦を振り返りつつ、高校3年のスター棋士の今を掘り下げた。
 ―初の王位リーグ、挑戦者決定戦をどう戦ったか。
 リーグ戦は負けても次があるので、普段以上に踏み込んで考えることができるのかなと思います。どれも大変な将棋でしたが、特に稲葉陽八段との将棋は、途中からこちらがかなり苦しい場面が続いていた。(逆転勝ちして)一つのターニングポイントになったかなと思います。挑戦者決定戦を戦った永瀬拓矢二冠には、普段からVS(1対1の研究会)で教わっているんですが、公式戦で盤を挟んでみると普段以上の気迫を感じました。
 ―挑戦決定から、木村一基前王位との7番勝負の開幕まで1週間しかなかったが、どう準備したか。
 先後も決まっていないので、そこまで深く作戦を立てていたわけではないのですが、持ち時間8時間の対局は初めてなので、時間の使い方のイメージはある程度していきました。
 ―愛知県豊橋市での第1局(7月1、2日)は振り駒で先手となり、「角換わり」の将棋を選んだ。
 まずは自分の得意戦法でじっくり戦おうと思いました。(中盤で)こちらの飛車が取られる展開になりましたが、すぐに厳しい攻めが来るわけではないので、ある程度読んで行けそうなのかなという感触がありました。封じ手の局面は何となく悪くはないのかなと感じていました。

「好きな駒は」の質問に選んだ1枚。「角が働くかどうかが形勢を左右するから」

 ―初日の夜は眠れたか。
 先が読めそうな局面だったので、ある程度は考えましたが、午後11時くらいには寝ました。2日制対局では、局面にかかわらず、しっかり眠ることが大事かと思いました。

◆これまでにない疲れ感じて

 ―好調に攻め続けたが、終盤、木村前王位の受けの手に1時間の長考をした。何を考えていたのか。
 予定の進行ではあったんですが、読み直してみると、けっこう大変な変化が多かった印象でした。当初は見えていない手もあったので、あらためて考えていました。
 ―攻め切っての快勝に見えたが、自身の第1局の総括は。
 初日から木村先生が強く攻めを呼び込んでこられたが、それに対して自分もしっかり読んで、返すことができたと思う。8時間という持ち時間を自分なりに生かせたのかなという充実感がありました。
 ―棋聖戦に続き、二つ目のタイトル戦。緊張などはなかったか。
 将棋会館以外でのタイトル戦は初めてだったので、始まる前は多少緊張はあったかもしれないですが、始まってからは落ち着いて指せたかなと思います。
 ―終局後「体力面で課題が残った」とも話していた。
 2日目は1日中、終盤戦が続いている状態で、かなり読みが要求されました。そういう体験は初めてで、終わってから、これまでにない疲れを感じました。

藤井王位と熱戦を繰り広げた木村一基前王位(右)

 ―シリーズでは「勝負めし」も話題になった。
 メニューを数多く用意していただいて迷ったんですが、せっかくなので地元の食材を使ったものを選びました(1日目は「三河鮮魚の海鮮丼」)。
 ―2日目の「冷やしきしめん御膳」は「キノコ抜き」との注文。キノコはどうして苦手?
 食感です、はい。自分はシイタケとエノキとナメコくらいしか経験がないんですけど、その辺りがだめだったので、おそらくほかのキノコもだめかと(笑)。

関連キーワード

PR情報

文化の最新ニュース

記事一覧