千葉で35人の感染確認 千葉市内の建設現場でクラスター

2020年9月20日 19時39分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県内で20日、新たに35人の新型コロナウイルスへの感染が発表された。
 千葉市は、同市中央区の建設工事現場で、いずれも同市内の20代と50代の男性従業員の感染を確認。この工事現場では、既に3人の従業員の感染が判明しており、新たなクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。また、クラスターが発生した同市中央区の飲食店「クラブ ディーダ」で、30代の男性利用客の感染を確認。同店の感染者は計14人となった。
 柏市では、クラスターが発生した「柏たなか病院」で新たに50代の女性職員の感染が分かった。同病院の感染者は計31人となった。
 クラスターが発生した市原市の工場内の建設現場では、30~40代の男性従業員3人の感染が判明。感染者は計14人となった。

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧