コロナ乗じ「宗教も中国化」 カトリック教徒の村、今年は巡礼受け入れ禁止に   

2020年9月21日 06時00分

河北省東閭村にある東閭中華聖母堂教会

 キリスト教カトリックの総本山ローマ教皇庁(バチカン)と中国政府の歴史的和解から22日で2年となる。しかし、この2年間で中国政府は「宗教の中国化」を掲げてあらゆる宗教への統制を強めている。住民の8割がカトリック教徒という河北省の村を訪れると、コロナ禍に乗じて信仰への抑圧がさらに広がっていた。(河北省東閭村で、中沢穣、写真も)
 トウモロコシ畑に交じってれんが工場などが点在する典型的な農村風景を抜けると、土ぼこりの先に壮大な教会が突然現れた。バチカンが巡礼地として認定する東閭中華聖母堂教会だ。
清朝末期の1900年に起きた外国人排斥運動「義和団事件」の際、村の上空に聖母マリアが現れ、村を包囲した義和団から教徒を守ったと伝えられる。これを機に建てられた教会は41年に日本軍によって焼き払われたが、90年前後に再建された。

◆「あそこはキリスト教でなく、共産党を信じている」

 しかし、少し離れた路上で高齢の男性に同教会について尋ねると「あそこは、(キリスト教の)教えではなく共産党を信じているから、好きじゃない」と声をひそめた。同教会は、共産党指導下の政府系組織「中国天主教愛国会」の傘下にある。向かいの工場の壁には「党の宗教工作の基本方針を全面貫徹せよ」とのスローガンが書かれている。
 男性によると、住民約1万人のうち8割がカトリック教徒とされる村では、愛国会傘下にある政府系教会の教徒と教皇への忠誠を優先する地下教会の信徒が「半々ぐらい」だが、村内に複数あった地下教会は10年ほど前に当局に「非合法」とされ、すべて閉鎖された。現在は個人宅などで行う小規模なミサは黙認されているが、多人数が集まる活動はできないという。

◆日曜ミサ以外は教会に入れず

 「扶助者聖母マリアの記念日」の毎年5月24日には中国各地の教徒が村に巡礼に訪れるが、当局は今年、新型コロナウイルス対策を名目に村を閉鎖し巡礼を許さなかった。教会近くに住む別の男性によると、愛国会傘下の同教会すらも約1カ月前まで閉ざされていた。今も人数を制限して行われる日曜夕方のミサ以外は教会内に入れない。
 この男性は「上(党)はコロナを奇貨に管理をすごく厳格にした。そもそも上はこんなもの(宗教)を好まない」と話し、「ここは(党が危険視する)政治村だ」と付け加えた。

関連キーワード

PR情報

国際の新着

記事一覧