自律走行ロボットの技術力競う 2チームが同点優勝

2020年9月22日 20時51分 (共同通信)
 自律走行するロボットの技術力を高校生や大学生らが競う国内大会「ロボカップジャパンオープン2020ロジスティクスリーグ」の決勝戦が22日、大津市の龍谷大で開かれた。龍谷大と、愛知、三重、奈良3県の高校3校の計4チームが出場し、龍谷大と愛知県立岡崎工業高校の2チームが同点で優勝した。
 新型コロナウイルス対策で無観客となった。3校の高校生も会場入りせずにリモート(遠隔)で参加した。
 自律走行ロボットは、センサーなどで周辺情報を認識するよう事前にプログラミングされている。障害物を的確に避けながら目的地まで移動できるかどうかなどを競った。

関連キーワード

PR情報

話題の最新ニュース

記事一覧
お探しのページが見つかりませんでした。| 東京新聞 TOKYO Web

お探しのページが見つかりませんでした

指定されたページは存在しませんでした。URLが正しくないか、ページが削除されています。
トップページに戻っていただくか、サイトマップから該当するページをお探しください。

東京新聞 TOKYO Web のトップページ サイトマップ

掲載期間を超過した記事は「記事データベース」をご利用ください。
中日新聞・東京新聞の過去記事の検索の方法をご案内しています。

記事データベース