文京ビクトリー 初4強 都知事杯女子学童

2020年9月24日 08時15分

チーム初のベスト4入りを決めた文京ビクトリー

 東京都知事杯第9回東京都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は20、21の両日、世田谷区の駒沢オリンピック公園軟式野球場で2回戦と準々決勝の9試合が行われ、江戸川エンジェルズ、文京ビクトリー、荒川ウイングス、オール葛飾のトップ4が出そろった。 (都丸満)
 ◇  ◇ 
 初の4強入りを決めた文京は、4−1の3回表に、永井凜子、疋田天藍主将のタイムリーなど、打者10人で6点を奪い引き離した。以降、3、4、5回の各回に2失点し詰め寄られたが、リードを守り切った。
 疋田主将は「最後まで笑顔でいられたのが一番の勝因。目標のベスト4は達成できた。次も笑いとか声を絶やさずに、食らい付いていきたい」と声を弾ませた。

3回表、右中間にタイムリーを放つ永井(いずれも都丸満撮影)

 ▽2回戦
文京ビクトリー8−7足立フェアリー
オール東村山女子19−12品川レディース
荒川ウイングス7−0オール渋谷女子
オール板橋女子12−6町田女子選抜
大田フェアリーズ7−0三鷹サンフラワーズ
 ▽準々決勝
文京ビクトリー10−7オール東村山女子
荒川ウイングス9−8オール板橋女子
オール葛飾11−1大田フェアリーズ
江戸川エンジェルズ9−1オール練馬女子
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

みんなのスポーツの最新ニュース

記事一覧