駿台学園中ら8強出そろう 都中学新人戦

2020年9月24日 09時09分

3回戦7回1死までノーヒットピッチングの快投を演じた杉本

 第20回東京都少年新人(中学)軟式野球大会コントリビュート・トーナメント(都軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞後援)は20、21の両日、江戸川区の京成鉄橋上流野球場などで2、3回戦が行われ、ベスト8が出そろった。 (竹下陽二)

◆杉本、絶不調一転 初完投初完封

 駿台学園中(中体連・北)の下手投げ投手、杉本早由貴が鐘ケ淵イーグルス(墨田)戦で最終7回1死までノーヒットノーランの快投。快記録まであと2人のところで鐘ケ淵の2番打者・森本翔貴に左前にクリーンヒットを許したが、後続をピシャリ。文句なしの1安打完封だ。
 秋季大会に優勝したばかりの駿台学園中だが、2年生の杉本は先発を務める主戦投手だった。前日の2回戦の杉並ホワイトシャークス(杉並)には10−0の大勝だったが、杉本はフォームが乱れて絶不調。2イニングで降板していた。「腕が上がって、下手投げではなく、横手投げになっていた。昨夜は、高橋礼(ソフトバンク)さんのフォームを動画で見て修正した。腕のしなりを使い、本来の持ち味であるホップする球が有効でした」と自身初の初完投初完封にニッコリ。西村晴樹監督も「これで、また一つ成長できたと思う」と目を細めた。

◆水元中“自慢”の投手陣

3回戦で6イニング1失点の好投を演じた水元中の築田

 ダークホースの水元中(葛飾)が東京サニーズ(港)を一蹴して、堂々の準々決勝進出だ。
 1回表、4番・逢坂拓未が右中間に先制の適時三塁打。その裏に同点にされたものの、2回には2ランスクイズを決めて、そつなく加点し主導権を握った。
 投げては、先発の築田駿翔が安定したマウンドさばきで6イニング1失点の好投。大会屈指の左腕と呼び声の高い、八津快洋は5番・一塁でスタメン。最終7回に登板。先頭打者に二塁打を許したものの、その後は、切れ味鋭いストレートと変化球で遊ゴロ、三振、三振と打ち取り、格の違いを見せつけた。

1イニングを抑えた八津(いずれも竹下陽二撮影)

 兼子典行監督は「きょう三塁を守った安藤(佑太)も投げられる。ピッチャーは3人にいるんです」と自信の笑み。投手層の厚い、水元中は面白い存在だ。
 ▽2回戦
クロウズ(武蔵村山)4−2立川ベースボールクラブ(立川)
 
駿台学園中(中体連)10−0杉並ホワイトシャークス(杉並)
  
清瀬球友会A(清瀬)7−3中野ロイヤルズ(中野)
立会キングス(品川)10−4目黒ピータース(目黒)
水元中(葛飾)6−3城北A(板橋)
大島クラブB(江東)4−3明大中野中(中体連)
大塚オールスターズ(文京)13−0神谷ライオンズ(北)
上馬シニア野球クラブ(世田谷)2−0調布クラブ(調布)
 ▽3回戦
東村山パワーズA(東村山)4−0クロウズ
駿台学園中2−0鐘ケ淵イーグルス(墨田)
小金井野球クラブ(小金井)3−2清瀬球友会A
水元中4−1東京サニーズ(港)
ケープシニア(東久留米)5−1大島クラブB
立会キングス5−3桐朋中(中体連)
江戸川区立上一色中(中体連)1−0大塚オールスターズ
石泉クラブ(練馬)10−1上馬シニア野球クラブ
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

みんなのスポーツの最新ニュース

記事一覧