インフルワクチン 高齢者の接種を無償化へ 155万人分

2020年9月25日 07時12分
 県議会九月定例会は二十四日開会し、高齢者を対象にインフルエンザワクチン接種を無償化する費用を盛り込んだ補正予算案が先議され、本会議で全会一致で可決された。
 ワクチン無償化は、新型コロナとインフルエンザの同時流行に備え、重症化リスクのある高齢者に早期接種を促し、医療現場の負担を減らすことが狙い。各市町村が設定する自己負担分(千〜千六百円)を県が負担する。
 対象は、六十五歳以上の高齢者や、六十〜六十四歳で心臓機能に障害がある人など約百五十五万人で、二十一億四千万円を計上した。ワクチン接種は十月一日から始まる。(飯田樹与)

関連キーワード

PR情報

埼玉の最新ニュース

記事一覧