気候変動、本気で向き合う さいたまで世界一斉行動 靴並べ、デモ行進表現

2020年9月26日 07時19分

靴を並べ、気候変動への危機感を訴える参加者たち=さいたま市浦和区の北浦和公園で

 政府や自治体に気候変動対策を求める世界一斉デモ「世界気候アクション」が二十五日、さいたま市の北浦和公園であった。新型コロナウイルス対策で密を避けるため、参加者の靴を並べる「シューズアクション」でデモ行進を表現した。
 デモを呼び掛けたのは、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんに賛同し、世界各国に広がったネットワーク「Fridays For Future(FFF、未来のための金曜日)」の若者たち。国内には二十六の拠点がある。さいたま市では、昨年十一月に「FFFSaitama」を立ち上げた日本大学二年、堺大輔さん(19)に共鳴した大学生や高校生ら八人で活動している。
 この日は学生や子ども連れの女性らが会場に集まり、三十六足の靴が並んだ。FFFSメンバーの高校二年、杉田凜さん(17)は「環境への思いを友達に伝えることで、小さな輪を世界に広げることができる」とスピーチ。堺さんは「台風の大型化など日本でも気候変動は身近に迫っている。若者の声が届かない世の中を変えたい」と声を上げた。
 堺さんらは昨年十二月から毎週金曜日、JR浦和駅前でプラカードを掲げ、気候変動問題に関心を持つよう呼び掛けている。また、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の温室効果ガス削減目標に沿う政策を求め、さいたま市議会に陳情を提出するなど活動している。(浅野有紀)

関連キーワード


おすすめ情報