トウモロコシ畑、迷路に 昭和村に28日開設 スタンプラリーも

2019年7月26日 02時00分
 約三千平方メートルのトウモロコシ畑につくられた迷路が二十八日の「昭和村とうもろこしまつり」に合わせてオープンする=写真。八月末まで自由に遊べる。
 畑は「道の駅あぐりーむ昭和」から歩いて約五分。高さ二メートル以上になるトウモロコシを村などで育て、歩く部分を刈り取って迷路にした。
 期間中、迷路に隠されているキーワードを所定の用紙に書いて道の駅に持参すると、道の駅のオリジナルキャラクター「しょうわくん」のシールがもらえる。二十八日はオープン特別企画として迷路内でスタンプラリーも行われ、スタンプをすべて集めた人には、かき氷をプレゼントする。
 二十八日は道の駅で焼きトウモロコシや朝採りトウモロコシの販売、トウモロコシ収穫体験(五本で五百円)などを予定。道の駅八周年を記念して地元バンドなどによるステージイベントも行われる。問い合わせは道の駅=電0278(25)4831=へ。 (渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧