鴨川シーワールド 開業50周年で記念ロゴ 来月「特別レクチャー」開催

2020年9月27日 07時39分

鴨川シーワールド開業50周年を記念し、制作されたロゴ

 鴨川市の水族館「鴨川シーワールド」は、十月一日の開業五十周年に合わせ記念のロゴを制作した。半世紀の歩みを振り返るイベントなども実施する。
 同シーワールドは一九七〇年十月一日に開業。これまで親子連れやカップルなど延べ約四千四百万人が訪れ、房総半島有数の観光スポットとして知られる。
 記念ロゴは「いつも最高」を意味するマリンブルーの英語に、人気のシャチが躍動する様子をデザイン。「来るたびに、いつも新しい発見がある水族館」との思いを込めた。
 記念イベントとして、十月は週末、マリンシアターを会場に「特別レクチャー」を開催。飼育員の解説を通して、同シーワールドの歴史のほか、シャチやウミガメの生態などについて学ぶ。時間は各日とも午前十一時から約二十分間。無料だが、別途入館料が必要。
 レストランやギフトショップでは五十周年限定商品を企画。一日からイセエビのグリルと牛ステーキを組み合わせた「イセエビステーキ」(税込み二千五百九十円)を提供、記念ロゴをデザインしたTシャツやキャップなどを販売中だ。
 同シーワールドは「これからも愛される水族館を目指し、新たな感動や驚きを提供したい」としている。
 問い合わせは同シーワールド=電04(7093)4635=へ。 (山田雄一郎)

鴨川シーワールドの動物について飼育員が解説する「特別レクチャー」も予定されている(写真は過去のレクチャーの様子、いずれも鴨川シーワールド提供)


関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧