ツイッター結んだ三角コーン web漫画家やしろさん サイン入れ贈る

2019年7月18日 02時00分

やしろあずきさんから渋川市立図書館に贈られた三角コーン

 渋川市立図書館はインターネット上で「三角コーン」が代名詞となっているweb漫画家やしろあずきさんから贈られたサイン入り三角コーン三つを展示している。八月三十一日まで。
 やしろさんは数年前、ネット上で誕生日プレゼントの「欲しいものリスト」に冗談で三角コーンを挙げたところ、ファンからコーンが送られてくるようになった。届いたコーンはやしろさんの義父が館長を務める北海道小樽市の市立小樽図書館や日本盲導犬協会など依頼のあった団体や企業に寄贈している。コーンの価格は五百円程度。
 渋川市立図書館の公式ツイッターが六月十八日、三角コーンが車と接触して傷んでいると報告し、「当館の館長には小樽図書館の館長さんのように、三角コーンを豊富にお持ちの義理の息子さんは存在しません」とした上で、安全な運転を呼び掛けた。すると、ツイッターを見た人から「遠回しにくれって言ってる(笑)」「やしろさん以外、誰が個人でコーンを豊富に持ってる?」などと大きな反響があり、やしろさんから「三角コーンを豊富に持っている者なのですが、寄贈しましょうか?」と返信があった。このやりとりには、四万七千件もの「いいね」が集まった。
 今月二日に届いたコーンは緑二個と赤と白のしま模様一個。やしろさんのサインや「本を読め」などとメッセージが書き込まれている。同日には、コーンを縁に小樽図書館がコラボ展示を打診。両図書館がコーンとやしろさんの著書のほか渋川は小樽の、小樽は渋川の観光ポスターやパンフレット、関連図書を同期間に展示することになった。
 ツイッター担当の館員は「中の人」として通したいとして、氏名や年齢、性別は明かしていない。 (渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧