創業地で読む正田氏語録 館林・製粉ミュージアム きょうから展示室公開

2019年7月11日 02時00分

正田修名誉会長相談役の語録が読めるモニター=館林市の製粉ミュージアムで

 日清製粉グループ本社の製粉ミュージアム(館林市栄町)は十一日から、館内に展示室「NIライブラリー」を公開する。同本社の正田修名誉会長相談役が経営哲学とした六十一の語録を紹介した。正田氏は、上皇后美智子さまの実弟。
 展示室は常設で、一九八六年に社長に就任した正田氏の社内通達や対談、新聞のインタビュー記事などを紹介。「企業は変化することによってのみ生存が可能になる」など経営革新活動に関する語録を、来館者がタッチパネルのモニターで自由に検索できる。
 館林は日清製粉の創業地。同ミュージアムは東武館林駅西口前にある。入館料は大人二百円、小中学生百円。月曜休館。問い合わせは同ミュージアム=電0276(71)2000=へ。 (池田知之)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧