子育てに役立てて私募債活用し寄付 安中市に関東建設工業と群銀支店

2019年7月14日 02時00分

寄付金を手渡す中島社長(左)と児玉支店長(右)=安中市で

 安中市の関東建設工業(中島直樹社長)と群馬銀行安中支店(児玉達也支店長)は、同行の「ぐんぎんSDGs私募債」を活用し、子育て支援に役立ててもらおうと同市に十万円を寄付した。
 児玉支店長とともに市役所を訪れた中島社長は「母親が安心して子育てできるよう、わずかでもお手伝いできれば」と、茂木英子市長に目録を手渡した。茂木市長は「貴重な財源として子育て支援に役立てる」と述べた。
 同私募債は国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の取り組みを支援するため、私募債発行額の0・2%を、SDGsの活動を行う団体などに寄付する仕組み。 (樋口聡)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧