茨城県で11人が感染 8人は千葉・柏のクラスターの関連

2020年9月28日 19時13分
 茨城県は28日、新たに11人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。症状はいずれも無症状か比較的軽い。県内の感染者は649人になった。

茨城県庁

 新規感染者のうち8人は、クラスター(感染者集団)が発生した千葉県柏市の「タイレストラン純」で感染した土浦市の30代無職女性の同居親族とその知人。知人の1人で同市の30代無職女性は今月16日、最初に感染が分かった女性と一緒に「純」を利用していた。
 同居親族は、40代の無職女性、30代の無職男性、10代の男子小学生と未就学の女児。ほかの知人は、いずれも土浦市の20代無職女性、60代無職女性と70代男性会社員。知人らは、最初に感染が分かった女性の自宅をそれぞれ別の日に訪問していた。
 「純」関係以外では、牛久市の60代の店舗経営の男性と、この店のアルバイト従業員で阿見町の50代女性の感染も判明。2人は9月中旬に柏市内で陽性の知人と接触があった。また、取手市の80代無職女性の感染も分かった。
 県と水戸市は、3人が退院、2人が軽症者向け宿泊療養施設を退所、2人が自宅療養を終えたと発表。退院などは581人になった。(出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧