埼玉県で新たに20人感染 居酒屋、フィリピンパブ、障害者施設の関係者ら

2020年9月28日 20時14分
 埼玉県内では28日、新型コロナウイルスの新たな感染者20人が発表された。
 県は15人の感染を発表した。うち久喜市の50代男性会社員は、客と店員計3人の感染が判明している県内の居酒屋の利用者。
 また、県教育局は、県北部の県立学校の児童生徒1人が感染したと発表した。27日に陽性と判定された。28日は学年閉鎖し、29日に再開する。児童生徒9人を検査する。
 さいたま市は、クラスターが発生した大宮・南銀地区の「フィリピンパブAJ」の女性従業員の知人で、市内に住む50代の男性会社員の感染を発表した。
 また、指定管理者が管理運営する市の通所型障害者施設で、25日に40代の女性職員の陽性が判明していたと発表。利用者と職員約30人を検査し、30日まで休園する。川口市は30代と60代の男女4人の感染を発表した。

埼玉県庁

関連キーワード

PR情報