高島エイトが頂点! 学童新人戦板橋大会

2020年9月15日 01時00分
 東京新聞杯争奪第38回東京都学童軟式野球大会新人戦の板橋支部予選(区軟式野球連盟主催、東京中日スポーツ・東京新聞など後援)は5日、区内の城北野球場で決勝などが行われ、高島エイトが板橋ドリームズを破り優勝した。残り一枠を懸けた第3代表決定戦では、板橋南ファイターズが成増第二ライオンズを下した。3チームは、20日から同区で行われる都大会に区代表として出場する。 (杉本篤広)
 ▽決勝
高島エイト
    013158|18
    002031|6
板橋ドリームズ
     (6回時間切れ)
 【個人賞】▽最優秀選手賞 平野翔斗(高)▽敢闘選手賞 中西隼琉(板)

[photo] 優勝した高島エイトの選手たち


4発18得点快勝


 決勝は、エイトの平野翔斗、ドリームズの中野寿一の投げ合いで始まった。エイトは2回、高柴実忠の中前適時打で先制。3回には関流晴のヒットなどで3点を追加した。
 その裏、ドリームズは岡本修の三塁打や中西隼琉のタイムリーなどで2点を返し、5回にも3点を奪い抵抗するも、打力に勝るエイトは、代打出場の小久保聖央の2打席連続本塁打を含む4本塁打など計17安打で18点を奪い快勝した。
 エイトの千代田大知主将は「今日は打線がつながって良かった。都大会では守備を鍛えて8強を目指す」と力強く語った。ドリームズの中西隼琉主将は「今日はコテンパンにやられてしまった。守備を鍛えて都大会で悔しさをぶつけたい」と唇をかみしめた。
◆高島エイト優勝メンバー◆ 
(10)千代田大和(0)小久保聖央(1)平野翔斗(2)栗栖孝啓(3)関琉晴(4)石黒将伍(5)中山奏(7)伊東優希(8)高橋伶介(11)安原樹(12)藤原崇佑(19)木村祐斗(20)高柴実忠(21)金子宗樹(22)岩城旺太朗(23)窪田昊介・伊勢亀楓斗・下地景舜・田村太一・保科裕紀

[photo] 準優勝・板橋ドリームズの選手ら


◆板橋ドリームズ準優勝メンバー◆ 
(10)中西集琉(2)岡本修(4)功刀暁(5)松本俊太(6)佐藤拓飛(7)川端榛(8)大湊友翔(9)玉木悠梧(11)河島万哩(12)島田永久(13)有田優月(14)斎藤恭平(15)本橋匠(18)中野寿一






板橋南ファイターズがラスト切符獲得!

 ▽第3代表決定戦
板橋南ファイターズ
    5340|12
    2003|5
成増第二ライオンズ
   (4回時間切れ)

[photo] 第3代表となった板橋南ファイターズ


 代表決定戦では、ファイターズが初回に藤田乃香の3ランなどで5点を先取。その裏、ライオンズに失策と河野有晟の犠飛で2点を返されたものの、2回に3点、3回に4点を加えて再び突き放し、都大会への最後の一席を獲得した。
 伊藤聖主将は「チームプレーで勝てたのが良かった。都大会ではどんなチームが来ても、自分たちのペースを崩さず、一番良い試合をしたい」と都大会へ向けて抱負を語った。初回3ランを放った藤田乃香は「外寄りの球を狙った。一塁と二塁の間でホームまでかえれると感じた」と本塁打の感触を語った。
◆板橋南ファイターズ第3代表メンバー◆
(10)伊藤聖(11)増木想良(12)藤田乃香(13)吉崎彩音(14)疋田泰士(15)生井楓真(16)河内駿太(17)小松蒼空(18)岩田凜太朗(19)久保田蒼甫(20)三宅涼介(21)伊藤主昴琉(22)荒木健太郎(23)本間恵翔(24)中山遥真(25)吉崎日和

関連キーワード

PR情報

学童野球の最新ニュース

記事一覧