聖火ランナー22人募集 来月1日から8月31日まで

2019年6月29日 02時00分
 県や県内自治体の首長らでつくる「東京2020オリンピック聖火リレー県実行委員会」は二十八日、来春に疾走を予定する県内の聖火ランナー二十二人を七月一日~八月三十一日に募集すると発表した。
 募集は県内に居住などでゆかりがあり、二〇〇八年四月一日以前に生まれた人が対象。本人以外(家族も可)の推薦が必要で、応募動機や自己PRを約四百字で添える。県実行委や東京2020組織委員会が審査し、十二月以降に選定する。ランナーは来年の三月三十一日~四月一日に一人当たり約二百メートル走る。
 県内のランナーは募集の他に、コースとなる県内の前橋、高崎市など十五市町村を除く二十市町村から、首長が一人ずつ推薦する。県実行委がこれとは別に、二人をPRランナーとして選定。スポンサー企業が募るランナーも加わる。
 二十二人に応募するには、県のホームページや各自治体、学校、スーパーなどに置く用紙を利用する。問い合わせは県スポーツ振興課=電027(226)2081=へ。 (菅原洋)

関連キーワード


おすすめ情報