茨城県では新たに5人感染 クラスター発生の飲食店客ら

2020年9月30日 19時56分

茨城県庁

 茨城県は30日、新たに5人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも症状は軽い。県内の感染者は計657人になった。(出来田敬司)
 坂東市の20代の男性会社員は18、19の両日、クラスター(感染者集団)が発生した千葉県柏市の「タイレストラン純」を1人で利用していた。「純」が感染源とみられる県内の陽性者は4人となった。
 土浦市の70代の無職男性は、県が28日に感染を発表した60代無職女性の夫。夫婦2人暮らしで他の人との接触はない。
 坂東市の30代の女性会社員は9月中下旬に栃木県や千葉県を計3回訪問。県内の勤務先で調理業務に携わっており、県は職場の同僚11人を検査する。
 また、常総市の30代のインターネットサービス業の女性と、潮来市の30代男性会社員の感染も判明。それぞれ9月中に私用で県外を訪れていた。
 県は、新たに2人が軽症者向け宿泊療養施設を退所したと発表。退院などは計586人になった。

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧