スマホで「ぬま旅デジタルスタンプラリー」

2020年10月1日 07時28分
 沼田市はデジタル観光ツアーアプリ「SpotTour」を使った「ぬま旅デジタルスタンプラリー」を1日から始める。11月30日まで。
 参加者はアプリをスマートフォンにダウンロードして、街中コースか白沢利根コースのどちらかを選択。チェックポイントを訪れ、スタンプを集める。街中コースは沼田城跡や街なか天狗(てんぐ)プラザなど10スポット、白沢利根コースは老神温泉や薗原ダムなど9スポットがチェックポイントとなっている。
 街中コースは八つ、白沢コースは七つのスタンプを集めればツアー達成。各コースの先着100人に、記念品として特産品のこんにゃくゼリーと真田水ペットボトルを贈る。
 同時に、利根沼田地区の歴史や名所旧跡を題材とした「きりえ沼田かるた」のデジタルスタンプラリーも行う。同かるたに読まれた八つのスポットのスタンプを集める。先着100人に「改訂きりえ沼田かるた」か同かるたクリアファイルを贈る。(渡辺隆治)

関連キーワード


おすすめ情報