荒川ウイングス 大健闘、銅メダル 都知事杯女子学童

2020年10月1日 08時29分

6回裏、同点のホームに滑り込む荒川ウイングス・広山杏里(中)。捕手は文京ビクトリーの金子桔依(右)(いずれも都丸満撮影)

 東京都知事杯第9回東京都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は9月27日、世田谷区の都営駒沢球場で準決勝が行われ、江戸川エンジェルズがオール葛飾に完封勝ちし、文京ビクトリーは荒川ウイングスを延長タイブレークの末退け、4日に同球場で行う決勝に駒を進めた。敗れた葛飾は6年ぶり2回目、荒川はチーム初の3位に入賞を果たした。 (都丸満)

チーム記録の3位入賞を果たした荒川ウイングス

 チーム結成は約2カ月前で合同練習は1回のみという荒川。体制も初心者2人を含む計12選手と苦しかった。それでも「主軸選手が良く頑張ってくれた」と倉林征蔵監督。チーム成績はここまで“低空飛行”だったが、1、3回戦で競り勝つなど一気に上昇、初のベスト4入りを決めた。この日も7イニングを戦い無得点はともに1イニングのみと点の取り合い、文字通りのシーソーゲームの展開となった。
 逆転を許し4−5で迎えた4回裏には、多田莉緒の適時打など4点を加え勝ち越し。5回に3点、6回には2点を許し再び2点差をつけられたが、裏の攻撃では、長幡弥玖の内野ゴロの間に追いつき、無死一、二塁開始のタイブレークに持ち込んだ。

6回裏、荒川ウイングスは長幡の遊ゴロで同点に追いつきタイブレークに持ち込んだが…

 だが延長7回表に大量11失点。その裏には、松田実祐、多田の適時打で粘りを見せたが、差を縮めることができず涙をのんだ。
 佐藤優羽主将は「くやしいけど楽しかった」と振り返り、倉林監督は「残念ですね」と話す一方、「選手たちはよくやってくれました」とたたえ、「私としては満足です」と選手に目を向け、首にかけられた銅メダルを見詰めていた。
 ▽準決勝
文京ビクトリー
03113211|21
1124023|13
荒川ウイングス
(タイブレーク7回)
(文)金子桔依、疋田天藍、喜藤琴美−疋田、金子、疋田
(荒)多田莉緒、渡邉麻央、広山杏里−佐藤優羽、多田

6年ぶり2回目の銅メダルを獲得したオール葛飾

オール葛飾
0000000|0
002000x|2
江戸川エンジェルズ
(葛)山端瑠菜、阿部美蘭、西村夏海−西村、浅島菜月
(江)常盤芽生、前島葵心−田辺琴桜、姉崎朱里
(東京中日スポーツ)

関連キーワード

PR情報

学童野球の最新ニュース

記事一覧