テラスdeランチ バスあいのり3丁目テラス(高知わら焼きカツオのスーパーフードサラダ)

2020年10月2日 08時19分

◆バスで直送 各地の味

 新宿のビルに囲まれた路地裏に先月、小さな森が生まれた。「バスあいのり3丁目テラス」は全国各地から届く食材を生かしたメニューを提供。生産者ともつながる「新しい食のにぎわい拠点」を目指している。
 運営するのは農業マーケティング会社のアップクオリティ(新宿区)。同社は三菱地所と協業で2018年から旅客用高速バスの空きトランクを活用した「産地直送バスあいのり便」に取り組み、各地の特産品を都心に届けている。この店でも、各地から高速バスターミナルのバスタ新宿を経由して届く食材がメニューを飾る。
 写真は人気の「高知わら焼きカツオのスーパーフードサラダ〜玉ねぎドレッシング〜」(935円)。高知県安芸市から届いた新鮮なカツオとシラス、広島や山梨から届いたみずみずしい野菜、その上に、クルミ・アーモンド・雑穀をトッピングし、バランス良くまとめた。ランチはほかにご飯モノや月替わりメニューも用意。14時までならプラス200円でドリンクも付けられる。
 敷地内の大型ビジョンでは産地の映像が流れたり、新鮮食材をそろえて時々開かれるマルシェの際に生産者がオンラインで登場したり。都心にいながら、地方の豊かな食を五感で感じられる店だ。 (さりあ)
◇新宿区新宿3丁目16番先。ランチは11時半〜17時。年中無休。最新情報は公式サイトで。

関連キーワード

PR情報