「昨日説明した通り」 学術会議の人事介入、加藤官房長官が拒否の理由語らず

2020年10月2日 11時54分
閣議に臨む菅首相(左)と加藤官房長官

閣議に臨む菅首相(左)と加藤官房長官

 学者の立場から政策提言する国の特別機関「日本学術会議」が推薦した新会員候補6人の任命を、菅義偉首相が拒否した問題で、加藤勝信官房長官は2日午前の会見で、人事決定の理由について、「昨日説明した通り」「人事の話でお話しできる話は限界があり、できる限りの話をしている」と詳しい説明を拒否した。また、人事決定に至る決裁文書の存否については明言を避けた。
 加藤官房長官は「任命権者である内閣総理大臣が日本学術会議法に基づいて任命を行った。そうした説明を引き続き行っていたい」との説明を繰り返した。
 また協議文書や決裁文書が存在するかを問われた加藤官房長官は「一般論として、文書は内閣府で適切に対応すべきもの」と答えた。(デジタル編集部・三輪喜人)

PR情報

政治の新着

記事一覧