お気に入りの一杯探して 「八王子ラーメン」ガイドマップ改訂 前回より8店増え40店紹介

2020年10月4日 07時18分

改訂された八王子ラーメンマップ=八王子市で

 しょうゆベースのスープに刻みタマネギが特徴の八王子のB級グルメ「八王子ラーメン」の名店を紹介するガイドマップが、五年ぶりに改訂された。紹介する店は前回の三十二店から四十店に増加。マップを作った愛好家グループ「八麺会」のメンバーは「お気に入りの一杯を探してみて」と呼び掛けている。 (布施谷航)
 A3サイズを折り畳んでポケットに入りやすいサイズにして二万部を作製。デザインを担当した門脇大輔さんによると「油がはねてもにじまないよう、コーティングされているのが特徴」という。
 メンバー十五人が三月下旬から市内各店舗を取材したが、新型コロナの感染拡大に伴い一時中断。ようやく完成にこぎ着けた。
 マップには、市内四十店のラーメンを真上から撮影した写真も掲載。それぞれの店で味を確認してもらおうと、所在地や営業時間など最低限の情報だけを載せてある。
 八麺会事務局長の立川寛之さんは、ここ数年の八王子ラーメンの傾向について「魚介や鶏がらスープを提供したり、自家製麺を使う店も出てきた。若い店主、新顔が増えている」と解説。メンバーの久保田保久さんは「マップを手に市内を巡って、お気に入りの一杯を見つけてほしい」と話している。
 マップは、市内の観光案内所などのほか、掲載されている各店舗でも配布する。常連客も多い老舗店「中華そば専門店 味幸」店主の高柳晋也さんは「他の店も回ってもらって八王子を盛り上げたい」と話している。
<八王子ラーメン> 「しょうゆベースのたれ」「表面をラードが覆う」「刻みタマネギを使用」が特徴。1959(昭和34)年に市内で開業したラーメン店が試行錯誤して生み出した。タマネギやしょうゆベースのスープに合った麺は、地元の製麺所が協力して開発。「八王子ラーメン」の名は、2003年に結成された愛好家グループ「八麺会」が名付けた。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧