神奈川で新たに37人感染 横須賀ではクラスター発生施設職員の家族が

2020年10月4日 18時07分

神奈川県庁

 神奈川県内で4日、新たに37人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。このうち15人が感染経路不明。県や、横浜、川崎など4市の保健当局が発表した。
 横須賀市は2人の感染を発表した。10歳未満の女子小学生は、クラスター(感染者集団)が起きている通所介護施設「デイサービス花栞」で勤務する家族の感染が分かっている。同施設では利用者4人、職員2人の計6人が感染。利用者と職員の家族で感染が確認されたのは4人となった。女児の通う市立小学校は5~7日が臨時休校となり、濃厚接触者を調査中。
 横浜市は20人の感染を発表した。30代の女性は入所者や職員計3人に感染者が出ている市内の特別養護老人ホームに勤務。9月24日に行った集団検査では陰性だったが、その後発熱などの症状があり、3日に再度PCR検査を受け、感染が分かった。
 県は40~60代の3人の感染を発表した。厚木市の40代男性は、既に感染が判明している20代男性の会社の同僚で、9月26日に一緒に車で外出していた。
 川崎市は10代~80代の男女11人、藤沢市は30代会社員女性の感染を発表した。

PR情報

神奈川の最新ニュース

記事一覧