TOBとは 買収や経営権を掌握

2019年2月8日 02時00分
 デサントと伊藤忠商事が、株式公開買い付け(TOB)を巡って対立しています。
 Q TOBとは。
 A 上場会社を買収したり、経営の実権を握ったりするために、株式を大量に取得する手法の一つです。株式市場で売りに出されている株を買い付けるのではなく、株主に対して買い取り期間や価格などを提示して売ってくれるよう勧誘し、応募のあった株主から取得します。企業がグループ会社の再編のために使うこともあります。
 Q TOB以外に企業買収の手法は。
 A 相手企業の株式を100%取得して完全子会社化する場合は「株式交換」という手法もあります。基本的にTOBでは株主から現金で株を買い取りますが、株式交換では自社の株式を対価として渡します。ただ、相手企業にも事前に株主総会で承認してもらうことが前提になるので、敵対的な買収には不向きです。
 Q TOBが成立したらどうなりますか。
 A 全体の三分の一を超える株式を取得すれば、株主総会で重要な決定事項に対する「拒否権」を得ることができます。過半数を取得すれば社長など経営陣の選任を行うことができ、三分の二以上を取得すれば会社の合併や解散などの重要決議をできるようになります。

関連キーワード

PR情報