ひまわりの絵コンクール 森太誠君(成田の小2)ら優秀賞

2019年11月25日 02時00分

受賞作品を披露する(左から)伊藤壮汰ちゃん、森太誠君、会田芽生ちゃん=県警本部で

 命の大切さと交通事故防止を呼び掛けようと、県警は子ども向けの「ひまわりの絵コンクール」を開催した。県内の小学生や保育園児から寄せられた三百九十六点から優秀作品三点を選び、十三日、表彰した。
 二〇一一年、交通事故で死亡した京都府の東陽大(あずまはると)ちゃん=当時(4つ)=が育てていたヒマワリの種を、全国の学校などで育てて交通安全の意識を高める「ひまわりの絆プロジェクト」の一環。
 プロジェクトに賛同してヒマワリを育てた県内十九カ所の小学校などを対象に、ヒマワリをモチーフにした絵を募集した。
 交通部長賞には、成田市の小学二年森太誠(たいせい)君(8つ)、交通安全協会会長賞には横芝光町の保育園年中、伊藤壮汰(そうた)ちゃん(4つ)、安全運転管理協会会長賞には茂原市の保育園年長、会田芽生(めい)ちゃん(5つ)が選ばれた。
 古川等交通部長は三人に表彰状を手渡し「どの作品も生命力があり、のびやかな感性で表現してもらった。幼い子どもの事故を少しでも減らせるよう全力で取り組む」とあいさつした。 (太田理英子)

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧