千葉県で新たに39人感染 ホームパーティでの感染相次ぐ

2020年10月8日 19時24分
千葉県庁

千葉県庁

  • 千葉県庁
 千葉県内で8日、新たに10歳未満~80代の男女39人が新型コロナウイルスに感染したと発表された。直近1週間(2日~8日)の感染者は259人で、前週(9月25日~10月1日)の219人より40人増加。2週連続で前週を上回った。選手ら13人が感染したプロ野球・千葉ロッテが球界初のクラスター(感染者集団)となったほか、自宅で開いた会食による集団感染が相次いだ。
 市原市内では、20代の夫婦が自宅で先月25、26両日に知人男性と3人で会食し、全員が感染。夫婦は同28日にも8人参加の会食に参加。参加していた10歳未満の子ども2人が感染した。8日には、知人男性の家族3人にも感染が広がった。
 木更津市役所職員の夫婦の感染では、妻と娘が先月21日に知人宅で9人が集まって会食し、参加者全員が感染し、夫も感染した。自宅での会食は、店舗より周囲を気にせずにくつろげる点から油断が生じるおそれもあり、県は「3密を避け、食事中に会話を楽しむ時はマスクの着用を」と呼びかける。
 成田市は8日、保育課の40代男性職員の感染を発表。ほかの市職員と来庁者に濃厚接触者はおらず、市役所は通常の業務を続けている。千葉市内の特別養護老人ホームに入所する70~80代の女性2人が感染。同施設は介護職員1人の感染が判明済み。

関連キーワード

PR情報

千葉の最新ニュース

記事一覧