ロイヤルファミリーの物語、見に来て 「KING&QUEEN展」開幕

2020年10月10日 06時00分
 ロンドン・ナショナル・ポートレートギャラリーが所蔵する肖像画・写真など約90点で英国王室の歴史をたどる「KING&QUEEN展」(東京新聞など主催)が10日に開幕するのを前に、上野の森美術館(東京都台東区上野公園)で9日、内覧会があった。

「KING&QUEEN展」を鑑賞するポール・マデン駐日英国大使㊧とサラ夫人㊥。右は駐日英国大使館のマシュー・ノウルズ文化教育参事官=9日、東京都台東区の上野の森美術館で

 同ギャラリーは世界屈指の肖像専門美術館。16世紀のヘンリー8世や女王エリザベス1世から、ダイアナ妃、現在のウィリアム王子とキャサリン妃まで、ほぼ日本初公開の作品を通じてロイヤルファミリーの物語を知ることができる。
 鑑賞したポール・マデン駐日英国大使は「素晴らしい展示です」と笑顔を見せた。日本側監修の熊沢弘東京芸大准教授は「肖像画は人の姿だけでなく、その人の属性や歴史がポーズ、服装、背景に描きこまれている」と解説した。タレントのデヴィ夫人も観覧し、トークショーを開いた。

内覧会が行われた「KING&QUEEN展」

 来年1月11日まで会期中無休。事前予約できる日時指定券を販売中。土日祝日は1般2000円、高校・大学生1800円、小・中学生1200円。平日は各200円引き。会場で当日券も販売する。問い合わせはハローダイヤル=電03(5777)8600=へ。
 台風14号の接近が予想される週末も開館する。10、11日の指定券を持つ人が悪天候による交通機関の運休などで来場できない場合、振り替え対応する。(長竹祐子)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧