世界の昆虫食文化紹介 桐生「ぐんま昆虫の森」

2020年10月11日 15時25分
 世界と日本の昆虫食文化をパネルや実物などで紹介する「昆虫食展」が桐生市新里町の「ぐんま昆虫の森」で開かれている=写真。
 乾燥させた食用のコオロギやセミ、ゲンゴロウ、タガメなどが皿に乗っている展示や、加工食品のコオロギビール、タガメサイダーなどが並ぶ。展示を見て「えー、これ食べるのー」と驚く子どもたちも。「昆虫を食べるメリット」や「昆虫創作料理フルコース」などの紹介もある。
 11月3日まで。午前9時半〜午後5時。月曜休園。入園料は一般410円、中学生以下無料。問い合わせは、同園=電0277(74)6441=へ。 (粕川康弘)

関連キーワード

PR情報

群馬の最新ニュース

記事一覧