ヘルシーな「人工肉」中国で普及 食料危機の切り札にも?

2020年10月12日 18時00分
 大豆などの植物性タンパク質から作った「人工肉」が、中国で本格的に普及してきた。味や食感は本物の肉に近くなり、「健康的だ」として若い世代を中心に人気を集める。中国は家畜伝染病の影響で豚肉価格が高止まり。今後も米中対立や新型コロナウイルスで輸入が影響を受ける懸念もあり、食の安全の観点からも人工肉が脚光を浴びている。(北京で、坪井千隼、写真も)

◆チェーン店で販売好調

 「これ、本当に人工の肉なの? 言われるまで気が付かなかったよ」。北京市中心部の昼下がり。ビジネス客で混雑するコーヒーチェーン「スターバックス」で、照り焼きにした人工肉を野菜と一緒にクレープの皮で巻いた商品を食べていた会社員、于さん(35)は、驚いた表情で語った。人工肉のメニューとは気付かずに注文したという。

北京のスターバックスの店舗で、人工肉を使ったクレープ(右)と、人工肉ハンバーグのサンドイッチ

 スターバックスでは一部店舗で、4月から人工肉を使った商品を販売。前述の品は45元(700円)で歯応えがしっかりしており、風味も肉そっくりだ。35元のサンドイッチは、具のハンバーグが牛肉風味の人工肉。歯応えは柔らかめだが、うま味が強い。
 店員は人工肉のメニューについて「昼すぎには売り切れる。低脂肪でカロリーが低く、健康志向の若い女性に人気がある」と語る。
 中国で人気のティーチェーン「HEYTEA(喜茶)」は、「未来肉」と銘打った人工肉ハンバーグを使ったチーズバーガーを5月から販売。価格は25元。こちらは淡泊な鳥肉に似た味。店員は「最初はもの珍しさで買う客が多かったが、安定的に売れるメニューとして定着した」とほくほく顔で話す。

◆風味も本物そっくりに

 人工肉は大豆やソラマメなど植物由来のタンパク質が主な材料。近年はメーカーの技術が進歩し、食感や味も本物の肉に近づいた。
 品質が向上したことで中国では今年、多くの企業が人工肉を導入し始めた。「ケンタッキーフライドチキン」やピザチェーン店なども試験的に人工肉を使ったメニューを始めた。北京の食品ベンチャー企業は、中国で人気のザリガニの身を再現した人工肉を開発。年内にも発売する予定だ。
 技術開発の背景には、世界的な人口増加や、中国など新興国の経済成長を背景にした長期的な食肉需要の増加がある。豊かになった新興国の人々は、穀物中心の食生活から肉食を増やした食生活にシフト。だが食肉生産は、家畜の飼料用作物として大量の穀物を消費する。人工肉は将来危惧される世界的な食料危機を防ぐ切り札とも期待される。

◆豚肉が高値になり期待の声

 中国で国民食ともいえる豚肉の消費量は、年間5600万トン(2017年)と世界全体の消費量の約半分。だが18年から広まった家畜伝染病「アフリカ豚熱」の影響で、19年の豚肉生産は前年比21・3%減の4250万トンと16年ぶりの低水準にとどまった。現在も影響は続き、豚肉価格は高止まりし、消費量も減少。また世界的な新型コロナのまん延や深刻化する米中対立の情勢次第では、将来的に国外からの食肉や飼料作物の輸入が影響を受ける懸念もあり、人工肉に期待する声は強い。
 加えて、都市部の若年層を中心に健康志向や環境保護意識が高まったことも、人工肉の市場拡大を後押しする。中国の市場調査会社「データ100」のアンケートによると、「人工肉に期待すること」(複数回答)の問いに、7割が「低脂肪など健康面」を挙げ、4割が「食料資源の消費を抑え環境保護につながる」と答えた。
 中国食品科学技術学会の孟素荷理事長は国営新華社通信の取材に、「(人工肉は)中国の食料体制を充実させ、環境問題の解決にもつながる有効な手段だ。中国独自の研究開発を進めるべきだ」と話した。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧