黄金色のじゅうたんが揺れる 箱根・仙石原のススキが見ごろ

2020年10月12日 18時00分
 夕日に照らされた黄金色のじゅうたんが、そよ風に揺れる。神奈川県箱根町の仙石原でススキが見ごろを迎えている。
 箱根カルデラの北部18ヘクタールに広がるススキ草原は、「かながわの景勝50選」に選ばれている。同町によると、ススキは江戸時代ごろまでかやぶき屋根の材料に、明治から昭和にかけては家畜の飼料として利用されていた。
 雑木に覆われないよう毎年3月には山焼きが行われ、春の訪れを告げる風物詩となっているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で行われなかった。ススキの見ごろは11月いっぱいまで続く。
 箱根山一帯は2015年、火山性地震が活発化。一時は噴火警戒レベル3(入山規制)に引き上げられたが、現在は落ち着きを取り戻している。(写真と文・隈崎稔樹)
行き方 箱根湯本駅から箱根登山バスで仙石高原下車、徒歩5分。またはバスタ新宿から小田急箱根高速バスで仙石高原下車など。

ご希望の方には、この写真を販売します。フォトサービス03(6910)2557(平日午前10時~午後5時)
インターネットでの申し込みは東京新聞オフィシャルショップから。

関連キーワード

PR情報