児童の力作乗せゴー 新京成、東葉高速 2路線に絵作品展示

2020年10月15日 07時33分

児童が手掛けた作品は、新京成の車体にも飾られた

 電車内などに子どもたちの絵作品を飾った、新京成電鉄の「ドリームトレイン」と東葉高速鉄道の「ぬりえトレイン」が運行されている。いずれも新型コロナウイルスの影響で、外出などできなかった小学生に描いてもらい、初めて企画された。子どもたちの感性を感じさせる作品が、乗客らを楽しませている。(保母哲)
 「ドリームトレイン」では、県内などの児童から寄せられた「自分の夢・将来の夢」といった作品六百五点が飾られた。電車の絵のほか、子どもたちが遊ぶ様子や動物などが描かれており、普段は企業広告が掲示される車内の中づりや窓の上方のほか、車体にも飾られている。
 松戸−千葉中央間(京成千葉線乗り入れ車両)で運行している六両一編成に作品が施され、運行スケジュールは前日夕に新京成電鉄のホームページ(HP)に掲載される。十二月中旬まで運行する予定という。

塗り絵作品が中づりに掲げられた東葉高速の車両

 「ぬりえトレイン」では百八十点が飾られた。開業(一九九六年)から二〇〇六年まで活躍した車両「1000形」と、現在の「2000系」の二種類の塗り絵で募集。寄せられた作品は四点ずつを一枚のポスターに仕上げ、車内の中づりに掲げた。
 東葉高速線(東葉勝田台−西船橋間)と東京メトロ東西線(西船橋−中野間)を走る十両一編成に展示されており、一〜五両目と六〜十両目は同じ作品を掲示。運行時間は同社HPの「イベント・沿線情報」内で紹介している。運行期間は今月十八日まで。

関連キーワード

PR情報

千葉の新着

記事一覧