58歳男性刺され死亡 66歳男、容疑で逮捕 千葉・若葉区

2020年10月15日 18時42分
 14日午後11時50分ごろ、千葉市若葉区桜木6の国道51号沿いの歩道で、「血を流して倒れている人がいる」と通行人から110番があった。倒れていたのは近くの自立支援施設に住む無職原口光好さん(58)で、搬送先の病院で死亡が確認された。原口さんには刃物で刺されたような傷があり、千葉県警は15日、殺人未遂の疑いで、同じ施設に住む土木作業員伊藤正徳容疑者(66)を逮捕した。
 逮捕容疑では14日午後9時から同11時50分ごろ、入居している施設の2階通路で、原口さんの左胸など複数箇所を刃物のようなもので刺し、殺害しようとしたとされる。県警は殺人容疑に切り替えて調べる。
 県警によると、原口さんが知人の居室で酒を飲んでいたところに伊藤容疑者が現れ、トラブルになったという。「ささいなことで口論になり、俺1人でやった。以前から口論が絶えなかった」と容疑を認めている。県警は、原口さんが施設から歩道まで移動した経緯も調べる。

関連キーワード

PR情報