京急ファミリー鉄道フェスタ2020 ネット配信で工場ツアー

2020年10月16日 07時19分

車両工場内を案内する配信番組のイメージ=京急電鉄提供

 鉄道ファンが楽しみにしている各鉄道会社の車両基地公開は残念ながらコロナ禍で中止が相次ぐ。例年来場者が2万人を超える「京急ファミリー鉄道フェスタ」も、今年は車両工場での開催は中止。しかし、18日にリモートでの開催が決定した。YouTubeで2つのチャンネルを利用して配信する。
 第1チャンネルは視聴者参加型で「すごろく」や「クイズ」が楽しめるライブ配信。京急電鉄の路線図を使う「京急すごろく」では、ゲームを観戦するだけでなく、番組内で発表するキーワードを指定の期間・場所で告げれば、「特急」「快特」などの目がある特製サイコロのミニチュアを先着でプレゼント。3択クイズを出題する「京急クイズ大会」では、Twitterに答えを投稿すれば抽選で50人に京急グッズ詰め合わせが当たるプレゼント企画も実施。
 第2チャンネルは録画配信だが、例年の車両工場開催の際に人気の車体上げや洗車体験などさまざまな作業の実演を収録。リモートならではの迫力ある映像が味わえるとともに、通常では見られない映像も公開予定。
 また、リモート以外のイベントも沿線各地で分散開催。京急川崎駅1番線では18日限定で、新作の京急グッズ、プラレール「京急デト11・12形」を先行発売。本物のデト11・12形も展示する。京急百貨店(横浜市港南区)ではオリジナル掛け紙に包んだコラボ弁当を販売。
 鉄道フェスタ特設ページでは京急油壺マリンパークなどグループ施設で10月末まで利用できるクーポン券も出力できる。
 リモート以外のイベントは入場制限の場合あり。自らの感染予防対策も車両並みに点検してお出かけを。 (村手久枝)
◇配信は10〜14時。特設サイトでも後日、期間限定で公開予定。問い合わせは(電)03・5275・5912事務局(電話開設は16・17日10〜17時、18日9〜16時)

関連キーワード

PR情報

限定 要チェックの新着

記事一覧