テラスdeランチ GONZO(氷感熟成豚のサルティンボッカ)

2020年10月16日 07時19分

◆柔軟対応のイタリアン

 東急大井町線の線路沿いにある商業施設「トレインチ自由が丘」に2年前出店した。「Osteria & Bar GONZO」は本格イタリアンが一日中楽しめるオールデーダイニング。「GONZO」はイタリア語で「愚かな」「バカ」の意味で、「料理バカ」「サービスバカ」が集う店というコンセプト。客に寄り添う柔軟な対応で、メニューにない料理にも対応。居心地の良さから、子連れの主婦層にも人気だ。コロナ禍で緊急事態宣言中に、店頭で市場直送の野菜や総菜を販売したことから、それまで店を訪れたことのなかった年配層にも認知が広がり、今では、昼飲み需要も増えているという。
 写真は「氷感熟成豚のサルティンボッカ」。氷感保管冷蔵庫で熟成させた青森県産「八戸美保野ポーク」の肩ロースを使い、ハーブのセージをのせて生ハムで包み、ローストしたもの。肉汁にバターと白ワインを加えた濃厚ソースでいただく。ランチタイムなら、グリーンサラダとバゲットが付いて2170円。約230グラムのボリューム感に圧倒される。1人で食べるよりシェアする人が多いとか。
 テラスの目の前は電車が行き来するため、老若男女幅広く、鉄道ファンも集うそうだ。 (さりあ)
◇世田谷区奥沢5の42の3 トレインチ自由が丘 A101。ランチは11〜15時。年中無休。(電)03・6715・6527

関連キーワード

PR情報