復興歩む大船渡へ 感謝と元気届けて 国立音大出身・3人組ユニット新アルバム

2020年10月16日 07時36分

アルバムを手に笑顔を見せる(左から)yukiさん、asukaさん、yumiさん=渋谷区で

 国立音楽大(立川市)出身の女性三人のアカペラユニット「XUXU(しゅしゅ)」が、岩手県大船渡市の「さんりく・大船渡ふるさと大使」就任十周年記念アルバム「大船渡物語」を作った。東日本大震災で被災した同市の支援を呼び掛け、復興の歩みを見てきた三人は「支援活動をしながら自分たちも成長できた。出会った人たちにアルバムを通して感謝を伝えたい」と話す。 (服部展和)
 XUXUはyukiさんとasukaさん、yumiさんの三人組。二〇〇二年にメジャーデビューし、都内を拠点に活動している。東京タワー(港区)で〇九年から毎年九月に開かれている「三陸・大船渡東京タワーさんままつり」のテーマソング「オラ!サンマ!」を手掛けたのをきっかけに、ふるさと大使に就任した。昨年から港区観光大使も務めている。
 まつりは、国内有数のサンマの水揚げ量を誇る大船渡をPRしようと、昭和三十三年開業で高さ三百三十三メートルのタワーにちなみ、サンマ三千三百三十三匹を炭火で焼いて無料で振る舞うイベント。XUXUは会場で歌を披露してきた。震災のあった一一年も開かれたが、今年は新型コロナウイルスの影響で初めて中止。人と会えない状況で「つらい思いをしている人たちに元気を届けたい」と記念アルバムを作成した。
 「オラ!サンマ!」など大船渡を歌った五曲をCDに収録。このうち「camellia〜椿(つばき)のうた〜」は、一一年に大船渡市で開催予定だった「全国椿サミット大船渡大会」のために作った。震災で大会は中止されたが、地元の災害FM局で流れ、市民から「心の支えになった」との声が寄せられた。復興支援ソングになり、今もこのCDの売上金は同市と市観光物産協会に寄付している。
 年に数回、大船渡市を訪れ、全国各地のライブで復興支援を呼び掛けてきた。二二年三月に同市で開かれる全国椿サミットでも歌う予定で、リーダーのyukiさんは「大船渡の人たちの思いも背負って頑張りたい」と力を込めた。
 記念アルバムは支援活動を記録したDVD付きで三千円(送料、税込み)。購入、問い合わせはオフィシャルホームページから。「XUXU」で検索。

関連キーワード

PR情報

東京の最新ニュース

記事一覧