茨城県で新たに4人感染 河内町の30代教員、稲敷市・神栖市の20代会社員ら

2020年10月16日 18時45分

茨城県庁

 茨城県は16日、新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状。県内の感染者は計723人になった。
 河内町の30代の男性教員は、県が14日に感染を公表した稲敷市の女子生徒が通う学校で勤務。学校は、感染の拡大防止のため、14~16日の間、休校とした。県は今後、学校の生徒と教職員の計約170人を検査する予定。
 稲敷市の20代の男性会社員、神栖市の20代男性会社員、古河市のアルバイト女性の感染も判明。いずれも県内で感染が確認された職場の同僚や友人の濃厚接触者だった。
 県と水戸市は、6人が退院、3人が自宅療養を終えたと発表、退院などは656人となった。(出来田敬司)

関連キーワード

PR情報

茨城の最新ニュース

記事一覧