神奈川で49人の感染を発表 クラスターの大和の老健施設で新たに9人確認

2020年10月18日 18時10分
神奈川県庁

神奈川県庁

  • 神奈川県庁
 神奈川県内で18日、新たに49人の新型コロナウイルス感染が明らかになった。県と横浜、川崎、藤沢3市の保健当局が発表した。感染経路不明は16人、死亡者はいない。
 県は14人の感染を発表した。クラスター(感染者集団)が発生している大和市の介護老人保健施設「大地」で、県が77人を対象に実施した集団検査の結果、新たに50代の女性職員2人と、70~100歳代の入所者7人の感染が分かった。この施設の感染者は計22人となった。
 横浜市は23人の感染を発表。経営者1人と客6人の感染が判明していた市内のカラオケ店で、新たに80代女性客の感染が分かり、この店の感染者は計8人となった。
 川崎市はリモートワーク中の川崎区の20代男性会社員を含む11人の陽性が新たに判明したと発表した。この男性は、同居の母親の陽性が13日に判明していた。
 藤沢市は県外に住む50代の自営業男性の感染を発表した。男性は陽性患者と県外で会い、14日に発熱、市内の医療機関を受診し、陽性と分かった。

PR情報

主要ニュースの最新ニュース

記事一覧