調布の住宅街で陥没 外環道トンネル工事のルート真上 以前から振動が問題に

2020年10月18日 22時13分

道路が陥没した現場=18日、東京都調布市で(市民提供)

 18日正午すぎ、東京都調布市東つつじケ丘2の住宅街で、通行人から「道路が陥没し、穴が開いている」と110番があった。警視庁調布署の署員が現場に駆けつけると、市道に幅5メートル、長さ3メートル、深さ5メートルほどの穴が開いていた。近くの住民らによると、午前8時ごろから陥没が始まり、午後1時すぎには大きな穴になったという。けが人はいなかった。(花井勝規)
 現場は、関越自動車道と東名高速道を結ぶ東京外かく環状道路(東京外環道)の練馬―世田谷間の建設工事のルート上にある。約40メートル地下では、トンネル工事が進められており、9月中旬には直径16メートルの掘削機(シールドマシン)が通過したばかりだった。
 トンネル工事を進める東日本高速道路(NEXCO東日本)は18日、陥没との因果関係は不明としつつ、トンネル工事を一時中断し、陥没の原因究明のため有識者会議を早急に開くとホームぺージで発表した。
 道路を管理する調布市によると、トンネル工事に伴う振動などで「住宅の外壁の一部がはがれた」などの苦情が、市や工事事業者に対し多く寄せられていたという。 
 陥没した道路から30メートルほど離れた住宅の女性(53)は「シールドマシンが通過した9月、振動で家のブロック塀に亀裂やひびが入った」とこぼした。近くに住む別の女性は「地下のトンネル工事の振動と音がうるさかった。影響はルート上の広範囲に及んでおり、この際しっかりと調査をしてほしい」と話していた。

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧