江戸川エンジェルズ 全員で勝ち取った5連覇 都知事杯女子学童

2020年10月20日 08時18分

5連覇を果たした江戸川エンジェルズ(いずれも都丸満撮影)

 東京都知事杯第9回東京都女子学童軟式野球大会エリエールトーナメント(都軟式野球連盟、東京中日スポーツ・東京新聞主催)は4日、世田谷区の都営駒沢球場で決勝が行われ、江戸川エンジェルズが文京ビクトリーを退け、5年連続7回目の優勝を果たした。 (都丸満)

先制&決勝点をたたき出した佐竹

 江戸川エンジェルズが女王の貫禄を見せ5連覇を達成した。
 「今年は守備のミスが少なかった。(投手陣も)そんなに崩れることなく安定していた」と鮫島徹郎監督。準々決勝まで3試合で各1失点。オール葛飾との準決勝では、安打数こそ互角だったが、しっかり守り切りゼロ封で決勝進出を決めた。

前島葵心

 この日も失策は1。その走者も三進後、バントでホームを狙うも先発・前島葵心が華麗なグラブトスで阻止し、序盤を無失点でしのいだ。
 2回表には、無死二塁の場面で佐竹玲南のバントに敵失が絡み先制。さらに3回には、ここまで1安打だった打線が爆発。先頭の伊藤絢香主将に続き、粘りに粘った代打・松尾有扇が中前打で2点目。さらに伊波千尋が続き、2死後には、佐竹の左前適時打を含む6連打。2巡目に入り相手エースを攻略した江戸川が、打者14人の猛攻で10点を奪い突き放した。

金子英恵

 3回には「5年生なのである程度は…」(鮫島監督)と送り出した2番手の金子英恵が2死満塁の場面から3点を許した。それでも流れを離さなかった江戸川は、5回にも相手投手の乱調に敵失も絡み、ノーヒットで7点を奪いリードを広げ、締めは4回からマウンドに上がった常盤芽生が圧巻投球。4回の3連続三振に続き、5回も2三振を含む3人で打ち取り頂点に立った。

常盤芽生

 今年は全国大会が中止となり、優勝しても今大会止まり。「子供たちはかわいそうだけど、一応、目標は達成できた」と鮫島監督。伊藤主将は「うれしいです」と満面の笑み。この日は控え選手11人も、代打などでグラウンドに立った江戸川。文字通りの全員野球で「ミスなく、みんなで楽しく戦えました」と語り、「来年も優勝して!」と後輩の活躍に期待していた。
◆江戸川優勝メンバー◆ (10)伊藤絢香(1)小林心結(2)後藤優依(3)栗原釉俐亜(4)土屋ゆり(5)影山四葉(6)金子英恵(7)佐竹玲南(8)傍田百香(9)青木沙月(11)松尾有扇(12)伊波千尋(13)前島葵心(14)三石舞央(15)那須莉夏(16)常磐芽生(17)田辺琴桜(18)姉崎朱里(19)高橋由良(20)石月瑠奈

◆文京ビクトリー 大敗も最後まで“常笑”

準優勝の文京ビクトリー

 女王を攻略できず準優勝に終わった文京ビクトリー。“常笑”が目標で「楽しく勝とう」と挑んだ今大会。戦い切ったナインの目に涙はなかった。
 第3回大会の8強を超える「ベスト4でも快挙だった」と金子元希監督。9回目の挑戦で獲得した銀メダルに疋田天藍主将も「うれしいです。胸を張って堂々と帰れます」と明るく話した。
 文京は例年6年生が少ないが、今年は8人、5年生も5人とそろっていて「今年は!!」と上位進出を狙っていた。それでも準決勝までの全3戦は決して楽な試合はなかった。8−7で勝利した初戦、準々決勝は10−7、準決勝では延長タイブレークに持ち込まれて21−13で勝利し駒を進めた。
 決勝では大敗したが、ここまで計3失点の江戸川から疋田主将の三塁打などで、3点を奪う意地も見せた。金子監督は「強かった。3回が全てだったかな。(エースが)打たれてしまったら…。でもよく3点取ったなと思います」とねぎらった。

ボールガールとしてグラウンドを走り回った(左から)樋浦、金子、吉田の3選手

 グラウンドで汗を流した選手に加え、ボールガールとしてグラウンドを走り回り試合をサポートした樋浦環、金子睦依、吉田睦美の1、2年生ら控え選手も一丸となり、チーム史の一ページに記録を刻んだ。
◆文京準優勝メンバー◆ (10)疋田天藍(1)金子桔依(2)早川奈那(3)永井凜子(4)喜藤琴美(5)高平香琳(6)西川由羽(7)吉田美彩妃(8)藤田夏帆(9)平岡京子(11)大久保悠希(12)寺町陽歩(13)三木詩(14)藤巻里瑛(15)池田乃愛(16)永井琴菜(17)樋浦環(18)金子睦依(19)吉田睦美(20)加藤彩良
 ▽決勝
江戸川エンジェルズ
01 10 07|18
00300|3
文京ビクトリー
(5回コールド)
(江)前島葵心、金子英恵、常盤芽生−姉崎朱里、田辺琴桜
(文)金子桔依、疋田天藍、喜藤琴美−疋田、金子桔、疋田
(東京中日スポーツ)

関連キーワード


おすすめ情報

学童野球の新着

記事一覧